※ページの編集はログインしてから行って下さい。

ヘルプ:マップの編集

提供:Volunteer Wiki
移動: 案内, 検索

本サイトではマップ表示機能としてExtension:Maps - MediaWikiを追加しています。 このページでは上記の機能を使う際の書式やパラメータについて、徐々に追記していきます。

目次

マップの書式例と表示例

基本 map

  • 基本的なマップの例です。ピンを置かないマップを表示する場合には#display_mapを先頭に指定します。
{{#display_map:仙台市}}
致命的なエラー: 引数coordinatesは有効な場所でなければなりません。



ピンを置く場合

ピンを置く場合には#display_pointを先頭に指定します。

{{#display_point:仙台市}}
致命的なエラー: 引数coordinatesは、1つそれ以上有効な場所でなければなりません。



GoogleMapで情報を重ねて表示

レイヤー

  • マップに重ねて表示するレイヤーを指定します。 trafficとbicyclingの二種類を指定することができます。前者はGoogleによる交通情報を表示します[1]
{{
#display_map:仙台市
|layers=traffic, bicycling
}}
致命的なエラー: 引数coordinatesは有効な場所でなければなりません。



Fusion tables

  • Fusion tables[2]の情報を重ねて表示します。
    • 表示させたいFusion tablesの番号を指定します。
      • 番号はFusion tablesの画面でマップ表示させた際に表示されるGet embeddable linkをクリックしてfrom以下に表示される数字を指定します。
{{
#display_map:岩手県上閉伊郡大槌町
|zoom=14
|fusiontables=2904364
}}
致命的なエラー: 引数coordinatesは有効な場所でなければなりません。


小さいマップ、コントロールなし

プロパティ

  • 高さと幅
    • ピクセル指定
    • パーセンテージ指定
    • 拡大率と中心点
    • アイコン

マップに複数のポイント指定する

マップサービスの選択

指定をしない場合にはGoogleマップで表示される。


各種パラメータ

Display pointsの場合

No. パラメータ名 Aliases Default 使い方
1 Default, Coordinates または Address - 検索キーは必須 検索キーで指定された場所は、最初にマップの中央に表示されます。検索キーがない場合、マップが自動的に適当な場所を表示しますが、だいたい海の上です。
  • デフォルト(パラメータ名無しの場合):住所・座標のどちらでも検索キーとして指定できます。
    • Coordinates(座標):座標のみが検索キーとして有効な情報として扱われます。Coordinatesをパラメータとして指定した場合、住所が座標に変換(ジオコーディング)されることはありません。
    • Address:住所のみが検索キーとして有効な情報として扱われます。座標とのセットで記述された場合でも、住所として扱われ、座標に変換(ジオコーディング)されます。
2 service - 設定可能 マップを生成するために使用されるマッピング·サービスを設定することができます。
3 geoservice - 設定可能 住所を指定するときに、座標を場所に変えるために使用されるジオコーディング·サービスを設定することができます。
4 width - 設定可能 ピクセル単位で、マップの幅を設定することができます。
5 height - 設定可能 ピクセル単位で、マップの高さを設定することができます。
6 zoom - 設定可能 マップのズームレベルを設定することができます。この項目がデフォルトで設定されず、かつ複数のマーカーがマップ内に存在する場合、全てのマーカーが表示されるもっとも拡大された状態で表示されます。
7 centre center 設定可能 display_pointで表示するマップの中心座標を設定することができます。 住所と座標のどちらでも指定できます。このプロパティが指定されていない場合、マップ中心にはマップサービスから提供されるマーカーが表示されるか、または複数マーカーの間にある中間地点が中心として表示されます。
8 title - 特定のタイトルを持たないすべてのマーカーのポップアップに表示されるテキストを設定することができます。ラベルと一緒に使用すると、labelが太字で表示され、その下に線が、さらにその下にtitleで指定した内容が表示されます。
9 label - 特定のlabelを持たないすべてのマーカーのポップアップに表示されるテキストを設定することができます。
10 icon - マッピングサービスによる標準のマーカー すべてのマーカーに使用されるアイコンを設定することができます。指定の際にはWiki内の画像を "File:Foo.png"や "Foo.png"という形式で指定する必要があります。同一ドメイン配下であれば、フルパスでの外部リンク指定も可能です。


Googleマップv3に固有のプロパティ

No. パラメータ タイプ Default 使用
1 zoom 整数で指定 14 マップのズームレベルを設定します。マーカー付きの地図では、これはほとんどのまだすべてのマーカーを示しています。レベルにズームがデフォルトになります。
2 type テキスト roadmap 最初に表示するマップタイプを指定したい場合に利用します。normal、roadmap、satellite、hybrid、terrain、physicalおよびearth。
3 types テキスト項目のリスト roadmap, satellite, hybrid, terrain 利用可能なマップタイプを指定したい場合に利用します。
4 layers テキスト項目のリスト なし Googleが情報を保有する特殊なレイヤーを地図上に表示します。
5 controls テキスト項目のリスト pan, zoom, type, scale, streetview マップ上に配置する操作項目を指定したい場合に利用します。
6 zoomstyle テキスト default ズームコントロールのスタイルを指定したい場合に利用します。
7 typestyle テキスト default マップタイプコントロールのスタイルを指定したい場合に利用します。default、horizontalおよびdropdown。
8 autoinfowindows Yes/no no マップが表示された後、自動的にすべての情報ウィンドウを開きます。
9 kml テキスト項目のリスト なし KMLファイルを読み込み、KMLファイル内の情報を地図上に表示します。
10 gkml テキスト項目のリスト なし 地図上にロードするためにGoogleでホストされているKMLファイルを使用します。
11 fusiontables テキスト項目のリスト なし Google Fusion Tablesのデータを地図上に表示することができます。Google Fusion TablesのIDを指定する必要があります。
12 resizable Yes/no no マップの右下隅をつかんでドラッグすることによって、マップのサイズ変更を行います。
13 tilt 整数で指定 0 Google Mapsを使ってマップの傾斜を変更します。
14 kmlrezoom Yes/no no KMLファイルのレイヤーが読み込まれた後、マップを再拡大します。

注釈

  1. Google Japan Blog: 交通状況がGoogle マップで見られるようになりました
  2. Google Fusion Tables - Gather, visualize, and share data tables online
個人用ツール